債務整理中でもお金借りれる

会社に電話こない金融機関 勤務先在籍確認あり?電話会社連絡なし即日キャッシング

 

債務整理とは、債務者が貸金を返済することができなくなった際に採る手段です。

 

お金を貸している債権者である消費者金融やカード会社、銀行と交渉をして、利息を安くしてもらったり、一度に返済する資金の額を低くしてもらったりして、債務者の生活が圧迫されないようにする手段です。

 

これは、強制的に債務を整理してしまう手段と対比して、私的整理とも呼ばれています。

 

私的整理はあくまで私的なものであるため、強制力は一切ありません。そのため、もし、債権者が応じてくれなければ、債務を整理することはできず、むしろ返済ができなくなったことを契機として、債権者は強制執行をかけてくることになります。

 

ただし、適切な交渉をすれば、私的整理はうまくいく可能性も意外に高い手段です。

 

その理由は、債務整理をしたいと考えている債務者は、その時点で返済が困難になっており、しかも他に財産がない場合がほとんどです。

 

しかも、通常この手段が用いられるのは、キャッシングやクレジットカードなどを利用している少額債務者です。

 

少額とはいっても、債務者にとっては大きな額ですが、債権者から見たら少ない額です。

 

それに対して強制執行を賭けても、資金を回収できないリスクが高ければ、結局裁判を行った場合の手数料や弁護士費用などが余分にかかってしまい、損をしてしまいます。

 

それよりならば、少し損をしても債務者から弁済を受けられた方が得策です。そのため、受け入れる可能性が高いのです。

 

 

しかし、誰でも受け入れると、そもそも営利企業なので倒産してしまいます。

 

そこで、返済額を一気に返せる見込みがほとんどないような状況で、なおかつ弁護士が代理人になっている場合に応じます。

 

弁護士を間に入れているため、債務者の本気度がわかりますし、弁護士は交渉が上手であるため、うまくまとめてくれるのです。

 

また、長期間借入をしている場合には、過払い金が発生していることもあるため、その場合は過払い金の返済も併せて行います。

 

もし、現在の債務額よりも過払い金の額が多きければ、債務は相殺されて、余った部分は手元に戻ってきます。

 

ただし、この債務整理を行うと、基本的にお金を借りることができなくなります。金融事故が起きれば、信用情報機関に登録されます。

 

この情報は、加盟している金融機関はどこでも閲覧が可能です。したがって、債務者が債務整理をしたことは筒抜けとなります。

 

通常、お金を貸すときには、債務者の返済能力が十分かが審査されます。その時、債務整理を行ったという情報はマイナスポイントです。

 

銀行では基本的にお金を貸してくれなくなるでしょう。そのため、お金借りれるところは、ないと思っておいた方が良いでしょう。

 

もちろん、信用情報をみて、お金を貸すかどうかを決めるのは、それぞれの事業主体の判断に基づきます。

 

そのため、中には貸してくれるところがあるかもしれません。その点は、事前にここなら貸してくれるといったことを把握できません。

 

審査の際に重視している部分はわからないからです。

 

また、同じ会社であっても、担当が違えば異なることが考えられます。つまり、申し込んでみなければわからないというのが答えです。

 

確実に貸してくれるところといったら、ヤミ金業者です。彼らは、むしろ返済が困難になる可能性が高い人たちにお金を貸して暴利をむさぼっているからです。そのため、一時しのぎでお金を借りられたとしても、食い物にされてしまいます。

 

また、反社会的勢力に資金が流れることにつながるため、利用してはいけません。

 

以上をまとめると、債務整理をするとお金を借りることは難しくなるので、実行する時にはよく考えて行うようにすべきです。